• SSF

食育の中野先生が医学界の専門誌で炊飯用オーツを評価

歯科界の潮流(歯学106秋季特集号:24-29, 2018)に

炊飯用オーツ麦(ライスオーツ)が取り上げられました。

日本歯科大学の中野先生が炊飯用オーツ麦は、食物繊維が豊富で白米と混ぜることでGI値コントロールができると評価しています。

(4枚目に炊飯用オーツ麦について記載あり)



歯科界の潮流
.pdf
Download PDF • 631KB


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示